モラハラDV夫との離婚調停

モラハラのDV暴力夫から子供たちを連れて別居。そして長い離婚調停を経て、やっと離婚が成立した実話ブログ。

2013年01月

モラハラのDV暴力夫から子供たちを連れて別居。そして長い離婚調停を経て、やっと離婚が成立した実話ブログです。

保護命令

こんばんは。

先日、ちょっと書いた保護命令について書きたいと思います。


保護命令の話を最初に聞いたのは、警察の生活安全課でDVの相談をした時でした。

保護命令、半年間DV被害者…この場合は私への接触、連絡を禁止する。と言うもの。



直ぐに裁判所に行き、保護命令について話を聞きました。

書類をもらい、以前奴にやられた傷で掛かった病院に診断書を出してもらい…。


どんなDVがあったか…。を申請書にまとめました。
今にして思えば、法律相談に行けばもっと楽にスムーズに書けたかな…と思います。



DVをまとめる作業…辛かったです。
思い出したくない事を思い出して、しっかり書かなくてはならない。

そして申請して、裁判官の聴取がありました。
奴は…、確か違う日に聴取だったと思います。



辛い作業でしたが、やって良かったです。

何かあったら警察…。てずっと思っていました。



奴は、警察に捕まるような事はしないけど…。


捕まらない…卑怯なやり方で嫌がらせをします…。




にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ 

逃げ出したきっかけ

こんばんは。

私が娘連れて家出する直前、私の親とどうやって逃げ出すか相談してました。

私が「別れたい」なんて話を奴にしても、
話し合いになんかなるわけないので。
家出する準備をちょっとずつして、荷物を少しずつ持ち出して…。
で、いきなり家出しよう。と話してました。

で、その相談を親とした日の午後。
詳しく書くのは控えますが…。
もうこの人はダメだ…。て思う事があり。
無理なら家出しよう…て思いながら家路につきました。


奴との家に着き、やっぱりもうダメで…。
荷物をまとめていたら後ろから背中を蹴られて「出てけ‼」と…。

多分、そこで私の中の何かが切れたんだと思う…。
気付いたら110番してました。



もう後戻りなんか出来なかった。
逃げるしかなかった…。

その選択は今でも正しかったと思ってます…。



にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ 

DVの連鎖?

皆さんこんばんは。
今日はちょっとDVについて考えてみました。

その話の前に、私自身の話をします。
私の母はバツ2です。
私は実父と幼い時に別れたので、実父の事を覚えていません。
義父は…酒乱でDVでした。

母は、小学生だった私を連れて何年も逃げ廻っていました。

義父がビールの空き瓶で母を殴り怪我をさせて入院させた事もありました。
小学生だった私には何も出来なくて…。

そんな義父と母は数年掛かってやっと離婚が出来ました。



そして、大人になった私…。
貧しいけど幸せな結婚をした…と思っていました。

でも、私が選んだ男はDVでした。


幸せな家庭を夢見ていた私が…またDVな男と出会ってしまいました。
自分で選んだ男。



そういう血筋なのか、因縁なのか…。



そもそも何故奴ら…DVなんかするのか。
特に、私が選んだ奴は殴る事を悪いとは思ってなかったようだし。


世の中のDVをしている奴ら。
何を考えて行動しているんだろう…。






にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ 

DV被害を証明する為に。

こんばんは。

このブログを読んでくれてる方…
もしかしたら、現在DV被害に苦しんでいる方もいるかもしれないですね…。

私は暫くは…自分がDVをされている。とは分かりませんでした。
私が悪いからだ。とずっと思っていました。
ただ、あまりに苦しくなり…親に相談したらようやく気づいた感じです。


現在、DVに苦しんでいる方。
是非日記を書いて下さい。
DVな夫の目を盗んで日記を書くのは大変かもしれませんが…。

後々、大きな武器になります。



私は最初は全然日記を書いてませんでした。
奴から逃げる。と心に決めてから日記を書き始めて、DVの記録としては少ないです。

それでも保護命令は決まりましたが。



保護命令の申請…。
思えば、誰にも相談しなくて書類を全部用意して大変な作業でした。

この話しはまた今度書きます。




にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ 

相互リンク募集中です
  • ライブドアブログ